元スペイン代表シャビ・アロンソ氏×U-21日本代表の森保一監督、KAMO原宿店でBIG対談!

元スペイン代表シャビ・アロンソ氏と、サッカーU-21日本代表の森保一監督がサッカーショップKAMO原宿店3F adidas footballに来店!

adidas-magazine01

アロンソ氏は17-18シーズンに引退するまでにレアル・マドリードやバイエルン・ミュンヘンなどのビッグクラブとスペイン代表で数々のトロフィーを掲げてきました。
インテリジェンスを感じさせる長短のパスを駆使したプレースタイルは“フィールドの指揮官”とも呼ばれ、世界中から賞賛されてきたレジェンドです。
引退後、アディダスTANGO SQUAD U25の監督も務めるアロンソ氏は、今回の来日で2020年東京オリンピックを目指す森保監督と対談。お互いのサッカー観などについて熱く語っていただきました。

adidas-magazine02

いくつか対談内容をご紹介します。

森保監督:(選手と監督の違いについて)指導者になってから選手に伝えるのが難しいと感じた。サッカー観自体は選手時代と変わらない。個の成長はもちろんだが、日本人らしく組織としての良さも出したい。

アロンソ氏:選手のころは、まずは自分を最高のコンディションにすることを考え、その次にチームを考えていたが、監督はチームを最優先に考える。

森保監督:どの監督が印象的だったか?

アロンソ氏:みんな優秀な監督で幸運だった。共通点は“説得力”。選手たちが信じて納得して、「監督のためにやる」と思わせる。
パズルを組み立てるように考えていた。いい選手だけではパズルは組み立たないことがある。

森保監督:プロになる前の育成時代になにがモチベーションになっていたか?

アロンソ氏:監督に注意されると注目されていると感じ、モチベーションにつながった。

adidas-magazine03
いい男オーラ全開のアロンソ氏。本当にかっこよかった!

また、このイベントにはサッカーショップKAMO会員の方から抽選で20名様をご招待させていただきました。
参加者から直接お二人に質問するシーンもありました!

参加者:自身がない時にどのように試合に臨んだか?

アロンソ氏:自分のやってきた練習を思い出し、「大丈夫だ!」と自己説得する。

参加者:イスタンブールの奇跡はどのようなクリエイティヴィティを発揮したのか?

アロンソ氏:自分との戦い。0-3で負けていたので何人かは諦めていたが、何人かは信じていた。そういう気持ちが奇跡を起こし、ビッグイヤーを掲げることができた。

参加者:森保監督が東京オリンピックに向けて選手に求めることは?

森保監督:個性とあわせてチーム戦術にあわせたプレーができること。さらにチャレンジできることが大切。

adidas-magazine04

さらに、参加者のみなさん一人ひとりがアロンソ氏と森保監督との夢のような3ショットを楽しんでいただきました!
KAMO会員に登録するとこの夢のようなイベント情報も届くので、会員登録がまだの方はこちらからどうぞ!

adidas-magazine05

adidas-magazine06

アロンソ氏と森保監督から壁にサインをいただきました!
みなさまサッカーショップKAMO原宿店3F adidas footballにご来店の際はぜひこのサインを見に来てください。
きっとご利益あります!

adidas-magazine07
森保監督には3Fスタッフの牧野&大宮との記念撮影もしていただきました。感動・・・

adidas-magazine08

最後に日本のサッカーファンに対してお二人から一言。

アロンソ氏:東京に来ることができて嬉しいです。
海外でも日本の方からの応援は感じていたが、今日はわざわざ会いに来てくれてうれしいです。

森保監督:日本人の代表として日本人の魂を持ってオリンピックを戦います。
シャビさんはいい指導者になると思います。

アロンソ氏、森保監督、ご来店ありがとうございました!
二人の名将がいつか世界で相見えることを想像するだけで楽しみです!
いつの日かトロフィーを携えての再来店をお待ちしています!

top