main

302 REDIRECT PACK NEW『NEMEZIZ 19』レビュー!

覚醒、瞬殺フィット。

素早いターンや俊敏な動きでゲームを創り上げるアジリティプレーヤーのためのスパイク「NEMEZIZ」にNEWモデルが登場!

発売に先駆けて、より深い知識を身に付け、お客様に正しい情報をお伝えすることを目的に、サッカーショップKAMOのシューズ売場担当スタッフが集合し、【adidas MEISTER SUMMIT(マイスターサミット)】が開催されました。

 

新しくなった『NEMEZIZ』がどのようなスパイクなのか、機能面を中心にレビューしていきたいと思います! 詳しい着用感についてはKAMOスタッフにインタビュー形式で聞いていますので、ぜひそちらもチェックしてみて下さい。

この日はHGのトップモデル「NEMEZIZ 19.1-JAPAN HG/AG」と、特別に「NEMEZIZ 19+ FG」を試し履きさせていただきました!

 

まずはアッパーをレビューしていきましょう。

 

「NEMEZIZ18」ではバンテージから発想を得た「アジリティバンデージシステム」が搭載されていました。

基本的なコンセプトに変更はありませんが「NEMEZIZ19」は新しい織り構造、幅、位置を採用した「テンションテープ」と呼ばれるアッパー構造に進化。

1枚のテープで足を包み込み、フィット感とホールド感に貢献していた構造から、「19.1」モデルでは3枚のテープを使用した3層構造。

そして「19+」のレースレスモデルは4層構造となり、

足の部位ごとにぴったりとフィットするような感覚があり、安定感が増した印象です。

 

また、テープをV字型に配置し、履き口の足入れを容易にしながらも足首を頑丈に固定する設計となっていて、さらにフィット感が増し、激しい動きでもシューズ内で足がぶれない安定感がありました。

履き口は「デュアルロックシステム」からテンションテープを活かし、柔らかさが保たれた素材が使用されているのでストレスなく履くことが可能です。

前足部のテンションテープにはTPU加工が施されているので、硬過ぎず、柔らか過ぎずといった感触で、ボールタッチ感も良く、耐久性の意味でも安心だと思います。

 

 

続いては「NEMEZIZ19」の最大の変更点、アウトソールを考察していきたいと思います。

 

ジャパニーズ マイクロフィットラストを使用した「NEMEZIZ 19.1-JAPAN HG/AG」についてはアウトソールに変更はありません。

photo04

今まで、アディダスのHGモデルを履かれていた方は、安心して履けると思います。

ただ、アッパーが柔らかくなった分、0.5cm下げて履くとよりフィットするというスタッフも中にはいましたので、ぜひ店頭ではどのサイズが一番自分の足に合うか確かめて欲しいと思います。

 

そして、FGのトップモデル「NEMEZIZ 19+ FG」と「NEMEZIZ 19.1 FG」に関してはこのモデルから「スプリット・トルションシステム」と呼ばれる“セパレート タイプ“のアウトソールが採用されています。

セパレートと聞いてまず心配になるのが耐久性の部分ですが、アウトソール部分をただ平面に接着するのではなく、側面から底面にかけて、立体的に接着することにより耐久力を上げ、前足部は力のかかる部分やシューズの“ねじれ”に合わせて、左右の接着面の長さを変えるなど、剥がれにくい工夫はされています。

 

このモデルから「19+ FG」と「19.1 FG」は天然芝専用モデルとなっていますので、天然芝で履く分には耐久性も問題ないように感じました。

(※今回のマイスターサミットでは特別に人工芝で使用させていただきました。)

 

セパレート タイプになった最大のメリットは「足のねじれ」を妨げないこと。

足の動きにあわせてシューズが正しくねじれ、かつ、ねじれ過ぎない構造で瞬発力をアップ。

 

ソール部分がない中足部には、屈曲しすぎるのを防ぐため、シューズの中底に剛性を保つための素材が入っています。

 

アウトソールとこの中底の素材をあわせて「スプリット・トルションシステム」は最大限の力を発揮するそうです!

 

また、足の回転を妨げないよう、回転時に軸になる部分のスタッドを丸型に変更するなど、このアウトソールには様々な進化が見られました

 

 

 

 

——————————————–

 

 

 

新しいNEMEZIZはアウトソールをセパレートタイプにすることで、よりアジリティに特化したスパイクになった印象です。

また、アッパーも柔らかさが増し、ホールド感もあるので、足のねじれを邪魔することがありません。

アウトソールで発生したねじれをアッパーが受け止める形になるので、1歩目の出足などが本当にスムーズで、正に瞬間的なスピードを武器にしているプレーヤーにオススメのスパイクだと感じました!

 

軽量性もあるので、女性プレーヤーにもオススメです!

【サッカーショップKAMO 千里店 – 高島 由夏(写真右)】

以前のモデルに比べ、履き口の足入れ感が良く、フィット感も増し、アッパーが柔らかくなったため横幅も広く感じました。

シューズのコンセプト通り細かい動作に対応している為、アジリティ プレーヤーにオススメな商品です!

皆さん是非一度、履いてみてください!

 

【サッカーショップKAMO 京都店 – 池田 理沙(写真左)】

シューズ自体のフィット感が非常に良く、足元の細かいボールタッチなどスムーズにできました。

足幅は狭い方ですが、足に良くフィットするため、プレー中一切横ずれなどはありませんでした。

HG/AGは人工芝でも滑ることや引っかかり過ぎることが無い、程よいグリップ力があり、足に負担があまりかからないので女性プレイヤーに是非履いて頂きたいです!!

 

 

 

サッカーショップKAMOでは5/31より発売開始となりましたので、ぜひご来店いただき『NEMEZIZ19』を履いてみてください!

 

 

今回のこの試し履き会で実際に着用したKAMOスタッフに、着用感について詳しくインタビューしています。

 

KAMOスタッフはよりプレーヤーに近い目線でスパイクを考察しておりますので、新しい『NEMEZIZ』が気になるという方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

【サッカーショップKAMO札幌パルコ店 – 中田 寛人】

 

>>オンラインストア 302 REDIRECT PACK NEW『NEMEZIZ 19』シリーズ特設ページはコチラ

 

top