MUTATOR PACK NEW『PREDATOR20』レビュー!

鬼フィット。神コントロール。

アディダスのコントロールプレーヤー向けスパイク「プレデター」がフルモデルチェンジ!

 

発売に先駆けて、サッカーショップKAMOのシューズ売場担当スタッフが集合し【adidas MYSTER SUMMIT(マイスターサミット)】が開催されました。

 

 

新しくなった『プレデター』がどのようなスパイクなのか、そしてどのように進化を遂げたのか詳しく見ていきたいと思います!

predator20-photo01

 

この日は特別にトップモデル「PREDATOR 20.1 FG」と、「PREDATOR 20+ FG」を試し履きさせていただきました!

※人工芝でプレーする場合はHG/AGモデルを着用下さい!

 

まずは何と言っても目を引くアッパー。

predator20-photo02

 

新作ではスピンやコントロールがコンセプトとなっており、その要がこの「デーモンスキン」。

「PREDATOR 20+ FG」では406本、「PREDATOR 20.1 FG」では258本の突起が付いています。

この突起の素材は硬すぎず、柔らかすぎずといったゴム素材で今回初めてコンピューターのアルゴリズムを使用してデータを解析し開発されたそうです。

科学的に根拠のある高さ、長さ、配置でスピンやボールコントロールが向上しています。

 

【360°ラッピング】

predator20-photo03

 

アウトソールがセパレート タイプになっていることにより実現した「360°ラッピング」。

アッパーと一体化された中足部は足にピタッと吸い付くようなホールド感があります。

これにより足元がすごく安定する感じを受けましたが、人によってはややタイトな感じを受けるかもしれません。

 

続いては履き口部分の「プライムニット」。

predator20-photo04

 

前モデルは横に広がりやすい編み方となっていましたが、全方向にフィットするような編み方に変更されました。

さらに前モデルよりも張りのある素材を使用することでフィット感が向上しています。

張りのある素材との事でしたが、実際に履いてみると柔らかく、足首にすごくフィットする感覚がありました。

「PREDATOR 20+ FG」はプライムニットの後ろの部分がすごく高くなっていますが、足首周りにすごくフィットしているため、まったく気になりませんでした。

 

 

 

かかと部分の形状については樹脂パーツがNEWモデルでは無くなりました。

predator20-photo05

 

見た目にもスッキリした感じがあり、かかと部分のホールドは大丈夫か?と思いましたが履いてみるとヒールカウンターが非常にしっかりしていて、さらにプライムニットのホールド感もあり、かかとがブレるようなことはありませんでした。

 

 

最後にアウトソールですが、ダイヤモンド型のスタッドから変更が加えられました。

predator20-photo06

 

こちらも様々なプレーをデータ解析し360°全方位的に動きやすく、一番安定した形でプレーができるようなスタッドの形状と配置になったそうです。

グリップはもちろんですが、次のプレーへの動き出しがスムーズに行える印象です。

 

 

 

 

———————-

 

 

 

新しいプレデターは見た目にすごくインパクトがあり、履いてみたいと思わせるワクワクするようなデザインとなっています!

predator20-photo07

 

履きたいと思うようなデザインは重要だと思いますし、それが科学的にデータ解析され最良と思われる形を実現したということであれば履いて試したくなるものです。。。

そして実際に履いてみると、先にあげたような機能からトータルで良いと感じられるようなスパイクでした。

predator20-photo08

 

今回履かせていただいた「PREDATOR 20+ FG」と「PREDATOR 20.1 FG」ではアッパーの柔らかさに少し差があるかなと感じました。

個人的にはピタッと吸い付くようなフィット感が好みの場合は「PREDATOR 20.1 FG」を。

少し柔らか目なフィット感が良いなという方には「PREDATOR 20+ FG」がオススメかなと思いますので、ぜひ履き比べてください。

 

サッカーショップKAMOでは1/29より全店で発売開始となりますので、ぜひご来店いただきNEW『プレデター』を試してみてください!

 

 

今回も実際に着用したKAMOスタッフに、着用感についてレビューしてもらっておりますので、新しい『プレデター』が気になるという方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

【サッカーショップKAMO 札幌店 – 中田 寛人】
predator20-photo09

top